ZIPPOジッポ ハンディーウォーマー 12時間なら大丈夫

支笏湖釣行で初めて使ってみました。

zippoのハンディーウォーマー!

ものはすでに箱から出しています。

こんな感じ。

昨年から購入していたにも関わらず、寒い日の釣行を避けていたこともあって最近になって存在に気づきました。

使い方は思ったよりもずっと簡単。

上のキャップ部分を外す。

触媒部分も外す。

計量カップに使用時間の目安を決めてzippoオイルを注ぐ。

本体にzippoオイルを入れて、その後はライターの炎を10秒ほど触媒に当てる。

そうするとその熱によって暖かくなる。

決して火がついたりはしませんのでご安心を。

その後は付属のケースに入れてポケットなどに入れる。

僕はフリースの胸ポケット部分に入れて、手が冷たくなったらジャケットの中に手を突っ込んで使っていました。

ないよりは全然マシだけど、やっぱり寒いものは寒いです(笑)

使い捨てではないのでエコなところは良いかな〜

でも貼るタイプの使い捨てカイロも使いやすいですよね。

これは「貼れない」ところが難点なので、あとは個人の好みでしょうか・・・

何れにしても、着るものが暖かいかどうかが大きな違いを生みそうです。

ではでは!