支笏湖釣行 初心者には優しくない

ん〜、全くパターンがわからない・・・

釣友Tと先週に引き続き2回目の釣行。

ポイント選択、風向き、魚の着く層、などなど

まるっきりわからない。

難しいとは聞いていたけれど、釣っている人は釣っている。

時期的なポイントや気圧配置による風向きによってできる波など、

理解しなくては釣れない要素が多いのがレイクでの釣りだとは思う。

なので、こればかりは通って実践して結果を得るしか方法はない。

だから楽しいゲームフィッシング!!!

今日は初めて訪れる場所だったので、どこに車を停めていいのかもわからない。

ポイント近くまで暗い中車を進めると一台の車が路肩に駐車中。

中には人の気配。

とりあえず奥まで入っていき状況を確認。

多分、釣り人が停めてはいけない場所。

Uターンして路肩に駐車していた人に聞いてみる。

「釣りの方ですか?

初めて来たんですけど、車ってどこに停めたらいいのでしょうか??」

そのアングラーさんに丁寧に教えていただき、後ろのスペースに駐車させていただきました。

勝手な判断はトラブルの元。

本当に助かりました。

あとは、釣果に期待するのみ。

試したいことがはまってCミッション18gで30センチ程度のブラウンをゲット。

サイズが欲しいのは言うまでもないけど、これが支笏湖ファーストフィッシュ!!!

しかし、写真に収めようとカメラを取り出すと魚とフックが違う場所に。

「外れてしまった〜」

ブラウンも何が起きたのかわかっていない様子で近くで静止状態。

次回数年後、大きくなって戻ってきてくれればいい。

そんな思いで眺めていると元気よく戻っていきました。

ということで、唯一の釣果の写真はありません・・・

雨も強くなったり弱くなったりで、状況は目まぐるしく変わる。

時々このタイミングか???

なんて期待しながらキャストを続けても、その後は反応なし!

場所を移動しても遊覧船が行き来する場所で釣りする感じではない。

ブログネタに写真撮影!

またの機会に挑戦することにして、昼頃にストップフィッシング!!!

いきなり来るんじゃ???

なんて何度も期待はしたけれど、初心者に簡単には釣らせてもらえないのが支笏湖ですね。

いい写真収められるような大物に早く出会いたいものです。

ではでは!