9/30 サケがダメなら支笏湖でトラウトを狙おう

そろそろこっちも釣れている?釣れる時期?

ということで、昨年から始めた支笏湖釣行。

何と言ってもノースアングラーズで拝見するようなモンスターブラウン、

支笏湖のブラウンだからシコブラを手にしたい!!!

そんな期待を胸に抱きつつ、釣友Kくんと後輩のTと三人で行ってきました。

昨年感じたのは、釣れなくてもロケーションが素晴らしくて満足してしまう。

そんな場所が支笏湖。

とは言ってもやっぱり目の前で見てみたい。

三人いれば一人くらいは・・・

そんな期待を持っての釣行。

いろんなポイントを一つずつチャレンジしていきたい。

今日は昨年とは違った場所から。

ポイントに降りると期待を裏切らない景色。

あとは釣果次第。

でも、釣れると言われている波風がほとんどない。

湖面は透き通っていて、いかにも支笏湖って感じです。

夜明けから昼近くまで粘りましたが、僕はまるっきり。

でも、釣友二人は魚とのコンタクトがあったみたい。

サケに続いてこっちもダメなようです。

何も起きないので、このポイントに見切りをつけて違う場所へ。

沢を降りていくと、なんだか良い感じ。

風下になっているし、風も波も釣れそうな雰囲気が漂っている。

途中、風も波もさらに強くなり、急な雨が降り注ぐ。

雨に濡れながらも急にテンションアップ!!!

何か起きる!!!

そう期待しながら力が入る。

これは、三人とも一緒の考え。

釣った経験がないけど、湖の釣りは基本的に穏やかなロケーションでは厳しいと

多くのアングラーが語っているから(笑)

でも・・・・

何も起きず天気は回復。

釣りって本当に難しいです。

こうやって知識も経験も増やしていくしかないんですよね。

それがまた楽しい。

といことで、来週も支笏湖へ釣行予定です。

写真の腕も上げていこうと思います。

ではでは!