タックル

スレたカラフトマスをどう釣る???

今シーズンも2回ほどウトロでカラフトマス釣りを楽しみましたが、

とにかく人が多かった・・・

 

まぁ、お盆の連休だから遠いところから来ている人も多かったはず。

 

でも、魚はイマイチ・・・

 

 

群れが小さいのか、まだまだこれからなんだろうな〜〜

 

 

でも、魚が多ければ釣れるというわけでもなく、

釣り人が多ければ、その分スレてくるのも当然。

 

一尾に近づくためにどうするか???

 

 

最近思うことをちょっと。

 

 

まず、スローにリトリーブしない限りルアーは無視される。

 

あるいは避けられる。

 

 

スプーンがメインだけど、キビキビした泳ぎになると反応してくれない。

 

だから、なるべく小さいルアーをスローで巻く。

 

 

スプーンが泳がないのではないか?

 

くらいのスピードには反応してくれることがあるような気がする。

 

 

カラフトマスがルアーを追いかけるわけではないので、

回遊しながら泳ぐスピードよりも遅くすること。

 

そして、鼻先を漂うルアーに対して興味を持ってもらい咥えてもらう。

 

 

これが最近の僕のメソッド!

(釣れない時は釣れないので、あくまで僕の中で。)

 

 

今月のノースアングラーズ!

 

いろんな釣りを幅広く熟知している野田さんの記事。

本当に凄腕のアングラーさん!

 

 

その中で、新版の鮭鱒鮃の記事も紹介してくれました。

 

ともに、フィールドハンター社スプーン

 

デベロップルアーマンが紹介されています。

 

 

 

前回の釣行でヒットしたスプーンはこれ!

 

左側から

DO-UP 5g 2つ

デベロップ 7g

デベロップ 3g

ルアーマンスモールシェル 3g

 

カラーローテーションを含めて20個以上のスプーンは使いまわしましたが、

例年だとチャートやブルー、ブラックに反応があったのに

今回はオレンジ系に好反応。

 

シルバーベースよりはゴールドベース。

 

そんな感じがしました。

 

 

そして、新たな戦力がDO-UP!!!

 

デベロップ7gとDO-UP7gの比較。

 

同じ重さでも水噛みが良く面積が広くなるDO-UP(ドアップ)の方が

よりゆっくりとリトリーブすることができる。

 

スプーンの大きさばかりが気になっていて、小さくないとダメ!!

 

なんて思っていましたが、

 

リトリーブスピードを抑えることができるなら、

大きさはあまり関係ないのでは???

 

なんて思ったり・・・

 

個人的には新しい発見があったので、さらに追求したくなるところ。

 

 

次回はいつ行けるかな〜〜

 

 

仕事が手につかない季節です!

 

ではでは!

 

関連記事

  1. タックル

    キャスト時にライン切れ。原因はいろいろ!

    お気に入りのルアー、購入したばかりのルアー、思い出のあ…

  2. タックル

    ヤマガブランクス ルーパス86モンスターチェリー

    以前から気になっていたヤマガブランクスのロッド。…

  3. タックル

    防風性抜群で熱が奪われないフリースジャケット

    天気が良くて太陽を浴びることができれば、それなりに暖かさを感じ…

  4. タックル

    冷え性で手が冷たいので対策

    釣行時に手が冷たくなるのをどうにか防げないかとスポーツ…

  5. その他

    NIKWAX(ニクワックス) Tx ダイレクトスプレー これで次回は!

    前回の釣行はほぼ一日中雨!Gore-Texのジャケットを着てい…

  6. タックル

    サイズに困るSIMMS(シムス)ウェーダー・ジャケット・ベスト

    外国サイズのウェアを購入する時って、本当にサイズに困りますよね。…

最近の記事

  1. 日常

    知らないでは済まされない暗号(仮想)通貨について
  2. タックル

    【ウェーディングシューズ】 サイズが合わず足が痛い時の対処法
  3. 日常

    サクラマス関連の動画 今年はどんなシーズンになるかな?
  4. お知らせ

    ピコ太郎 音声付きLINEスタンプ!
  5. お知らせ

    2016年 今年もよろしくお願い致します。
PAGE TOP