知らないでは済まされない暗号(仮想)通貨について

たまにはこんな経済的なお話も。

数年前のマウントゴックス倒産事件。

ビットコインのことをよく知らなくても、

マウントゴックスという言葉だけは記憶にある人も多いと思います。

実はこれ、ビットコインを扱っていた取引所のこと。

報道が間違った方向に流れてしまいましたが、

ビットコインが怪しいものではなくて、

ビットコインを取り扱っていた取引所が倒産したという話。

例えると、外貨の両替を行っていた一つの銀行が潰れたからといって

日本円が怪しいとか、米ドルが怪しいという話にはならないということ。

マウントゴックス社の倒産によって、日本では変な方向に

認知度が高まってしまいました。

でも、今後の金融市場では注目されていて、

少額決済でも手数料がほぼゼロになることや安全性が高いと

評価されていて、三菱東京UFJ銀行なども暗号(仮想)通貨を

発行する動きがあります。

僕も、この書籍を読んであらゆる可能性を感じました。

その他、この金融システムであるフィンテックを利用して

様々なサービスが始まっています。

日本においてはちょっと遅い感じもしますが、

2020年の東京オリンピックに向けて

インフラ整備をすることは日本経済にとっても

最重要課題であり、法整備などが急がれている段階です。

そこで、暗号(仮想通)貨は、一般的に認知され始めてきた

今だからこそ知っておかなくてはいけないことがあるようです。

→ http://bit.ly/2rkzpDw

これから仮想通貨に関するトラブルなどは

増えていくかもしれません。

ただ、危険な側面があるいっぽうで、

資産を増やし続けている人がいるのも事実。

裏を返せば、知っている人だけ

チャンスがあるということです。

外貨を所有して、価値が上がれば交換する。

海外旅行に行く時に気にする、円相場のようなもの。

ちゃんとした真実を知っておけば

別に怪しいものではないので、興味がある人は

ぜひこちらの無料ウェビナーを視聴してみてください。

→ http://bit.ly/2rkzpDw

絶対に手を出してはいけない暗号(仮想)通貨も

教えてくれるようなので、それを知っておくだけでも安心です。

「仮想通貨は怪しい、うさんくさい」など

あらゆることが言われてきました。

しかし、今となってはどうでしょう??

ビットコインで言えば、

ほんの数ヶ月前までは14万円台だったのが

つい先日、20万を超えた日もありました。

世界的に見ても、仮想通貨市場に

大量のお金が流れ込んでいています。

いまが最大のチャンスかもしれません。

暗号(仮想)通貨の見極め方、

そもそも、暗号(仮想)通貨って何?

という疑問を解消しておくだけでも

今後に役立てることができると思います。

→ http://bit.ly/2rkzpDw

ちなみに松宮さんって人をアマゾンで検索したら

結構な書籍出している人です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

シェアする

フォローする