暖房や給湯は電気より灯油がお得な現状

冬の電気代が恐ろしい

原発が止まってからというもの、

消費者に見えない形で

かなり電気代は上がっていますね。

オール電化が経済的。

なんていうのは過去の話で、

マイホーム購入時に、暖房の熱源を

電気にするか灯油にするかで迷いました。

結局は灯油が高騰している時だったので、

先の見通しとして灯油の値下がりは

期待できないと判断してオール電化にしました。

その時言われた一つの基準が、

「灯油が95円で電気と同じくらいの出費」

その時は、灯油も90円に達していたので、

迷わず電気にしましたが、今では灯油の方が安く、

逆に電気代は値上がりしています。

節電のためのファンヒーター

少しでも節約するためにはどうするべきか?

今の建築技術は気密性が高いので、

基本的に灯油のファンヒーターを

使ってはいけないと言われています。

なぜか?

灯油に含まれる水分で湿度が上がる。

ヒーターを止める。

室温が下がる。

湿度は上がる。

結露する。

ということが理由です。

でも、居間は寝室などと違って

閉め切ったりするわけでもなく、

人の出入りは基本的にする場所なので、

少しだけ扉を開けた状態で、

灯油のファンヒーターを使っています。

実際乾燥する家だし、換気システムが付いているので、

カビが生えるとかいうのはちょっと考えられません。

窓に結露も発生しないので、

居間くらいの空間なら問題ないと思って

今のところ普通に使っています。

実際のところ、料理を作るときには

換気扇も回しますし、

お風呂からの湿気に比べたら、

ファンヒーターから出る灯油の水分は

大したことありません。

暖かい空気が、居間だけに留まらないように

工夫すればいいだけです。

一応、各部屋の暖房は最小限に設定してあるので、

マイナスになったりすることはありません。

個人的に、仕事に行っている間は15度くらいの

室温をキープしておけば、ファンヒーターで

すぐに20度くらいにはなります。

まともに20度をキープしようと

暖房の設定をしておくと、

昨年は暖房の電気料だけで40,000円を超えた月があったが、

今年は同じ月の請求が、20,000円を下回った。

灯油は40Lくらいなので、2,500円程度。

ファンヒーターの電気代を考えても、かなり経済的!

ファンヒーターを使った方が

暖かさを感じられるし、経済的だと思うと

このスタイルが定着しそうです。

新築される方やリフォームされる方においては、

灯油ボイラー蓄熱暖房エコキュートエアコンなど

いろんなシミュレーションをしてから選択するべきだと思います。

僕は無知な部分もあって、単純にオール電化に

してしまいましたが、簡単に変更できるものでもないので、

ライフスタイルに合わせて真剣に考えるべきことだなと

最近つくづく思うところです。

シェアする

フォローする