日常

長時間の暖機運転は必要なのか?

寒くなってくると無人の車なのに

長時間エンジンがかかりっぱなしの車を

よく見かけます。

 

そんなに長時間の暖機って必要?

 

僕も免許取立ての17年くらい前は

MT(マニュアル)車に乗っていたので、

 

ある程度暖機されないと

上手くミッションが入らないのと

 

アイドリングの高さが違うので

アクセルワークに違和感を感じる

 

などなど、それなりにエンジンが暖まらないと

調子が今ひとつということは知っていたつもりです。

 

周囲も暖機をするのは当然だというような

雰囲気があったため、

人間の体のように、寝起きでいきなり

全力疾走ができないのと同じだな。

しかも機械だし!

 

と思っていたのですが、

実際のところ、そこまで念入りに

暖機は必要なのか?

 

という疑問は抱いていました。

 

 

 

エンジンもオイルも高性能になっている。

 

しかし、最近になって思うのは

モーターで走るハイブリッド車もあり、

一概に暖機は必要ないのでは?

 

という考えの方が強くなってきました。

 

もちろん、常識の範囲内で

氷点下の中、放置された車を

エンジンの始動と共に

全開走行なんていうのは考えていません。

 

 

まずエンジンに関しては、

ほとんどが電子制御されているので、

 

冷えた状態のエンジンは、

濃い燃料を噴射して保護されるようにできています。

 

低温では気化しづらいガソリンなので、

その分の調整がされているということで、

もちろん、この部分だけ見ると

燃費が悪い状態で走行することに

なってしまいますが・・・

 

 

ただ、長時間暖機したからといって、

エンジンそのものは暖まっても、

駆動系はまるっきり止まったままなんです。

 

これを勘違いして、エンジンが充分

暖まったからと、全開走行に近いアクセルワークを

する人もいますが、これは駆動系にダメージです!

 

起きている時間が長いとはいえ、

準備体操もなしに全力疾走を

強制されているようなものです。(笑)

 

 

以上のようなエンジンの電子制御化と、

 

以前に比べてオイルのグレードも良くなっています。

 

 

引用元: http://www.bp-oil.co.jp/qa/qa04.html

 

エンジンとオイルの両方の進化を考えると

どうでしょうか?

 

 

 

まとめ

 

単なる暖機運転は燃料代の無駄。

 

車に優しい暖機をするなら、

 

厳寒期はまず、エンジン始動から約1分で

オイルが循環すると言われているので、

それを目安にして、あとは低速走行で

駆動系の暖機をしてやる。

水温計が動きだす(僕のプリウスには無い)くらいで

通常走行。

 

という感じでいいのかなと。

 

年間トータルにしたら、

結構な燃料代の節約になると思います。

 

ましてや、通勤が数キロだったとしたら、

暖機で同じくらいの燃料消費に

なっているのかもしれませんね。

関連記事

  1. 日常

    連休中日は大月釣具さんでお買い物!!!

    オホーツクのカラフトマス釣行時に使っていたハードストリームス …

  2. 日常

    ワードプレスのプラグイン

    プラグインは、簡単に言うとワードプレスの機能を充実させるための…

  3. 日常

    ワードプレス 編集時にテキストへの切り替えができない

    あるサイトのオススメプラグインをインストールした後に、…

  4. 日常

    今朝も釣友がサクラマスゲット!いつまで続いてくれるのでしょう・・・

    今朝もなんとなくフェイスブックを覗いていると釣友のI君が仕事前…

  5. 日常

    南十勝 サクラマス 今年はやっぱり変?

    一昨日の釣行をFacebookで報告したところ、昨日もまるっきりダ…

  6. 日常

    十勝の河川はしばらく釣りになりません!

    いつもの通勤経路の河川の様子!しばらく無理…

最近の記事

  1. タックル

    ミノーのフック 重量バランス
  2. 釣行記

    6月6日 7日 南十勝 サクラマス
  3. 日常

    初めてコロッケなんか作ってみました
  4. タックル

    冷え性で手が冷たいので対策
  5. 釣行記

    2015 6 18 南十勝サクラマス 好調をキープ
PAGE TOP