ワードプレスのプラグイン

プラグインは、簡単に言うと

ワードプレスの機能を充実させるための

ツールというところでしょうか。

 

ワードプレス単体では、

使い勝手が悪いので、

機能を追加させるという感じです。

 

では早速。

 

 

 

Akismet

スパムコメントをシャットアウトしてくれます。

使うためにはユーザー登録が必要です。

わかりやすいサイトがあったので

シェアしておきます。

http://www.adminweb.jp/wordpress-plugin/list/index1.html

以下のプラグインに関しては、

インストールして有効化させるだけなので、

順を追って必要なものをインストールしてみてください。

 

とりあえず、僕が必要だと思ったものを

ピックアップしておきました。

 

実際のところ、ごく一部です。

 

 

 

All in One SEO Pack

Googleなどの検索エンジンで上位表示されるように最適化するためのもの。

記事ごとにタイトルとメタタグを細かく設定できるなど、SEO対策の設定を総合的に管理できます。

投稿ページや固定ページ、カスタム投稿タイプの

タイトルやメタタグの書き換えができたり、

Googleアナリティクスの

アクセス解析コードの設定もできます。

また、検索エンジンにインデックスさせたくない

ページの設定など、ここでは書ききれないほどの

機能があります。

Google XML Sitemaps

GoogleとBingの検索エンジンに対して、

XMLサイトマップを自動送信できるようになります。

その結果、検索エンジンに対して、

自分のWebサイトの更新情報が

スムーズに反映されるようになります。

もし、送信結果や詳細レポートを見たい場合には、

別にある、Googleウェブマスターツールに

登録する必要が出てきます。

PuSHPress

WordPressに記事を投稿すると、

Googleの検索エンジンに瞬時にインデックスさせることができます。

自分のサイトを真似したものが

先にインデックスされるのを防ぐ効果があります。

ある程度のWebサイトに成ってくると、

記事を真似するユーザーが出てきてもおかしくありません。

そのサイトが先に検索エンジンにインデックスされてしまうと、

自分がせっかく作ったサイトも、反対に真似したサイトと

判断されてしまうと検索エンジンからの評価も

下がってしまう可能性があります。

Googleの検索エンジンは、先にインデックスした

コンテンツを、オリジナルと認識するようなので、

入れておいて損はありません。

Duplicate Post

以前に書いた記事の内容や設定を

新しい記事に複製できます。

投稿一覧画面や投稿画面に、複製リンクが追加されるので、

以前の記事をベースにして、記事を書き直したり、

編集することが可能です。

Category Order and Taxonomy Terms Order

投稿カテゴリーの表示順番を変更できます。

普通の状態では表示順番を変更することができませんが、

このプラグインを利用すると、記事のカテゴリーが

表示されている順番を、ドラッグ&ドロップで

自由に変更することができます。

WordPress Related Posts

記事の下に関連記事を表示させることができます。

テーマが複数用意されているので、

好みのデザインを選んだり、カスタマイズもできます。

関連記事の表示があることで、より多くの記事を

訪問者に読んでもらえる機会が増えます。

Webサイトの滞在時間を増やすことによって、

サイトの評価を高くすることにも繋がります。

使用しているWordPressテーマには、この機能が

無いものもあるので、これを使って関連記事を

表示させるようにしましょう。

Table of Contents Plus

記事に記述した見出しの、H1からH6までを

HTMLタグを基にして、目次を自動で生成します。

目次が自動生成されるので、手動で目次を更新したり、

リンクを張る必要がなくなります。

 

PS Auto Sitemap

Webサイトのサイトマップ(記事の一覧)を

投稿と固定ページの両方に対応して自動で生成します。

サイトマップを自分で管理しようとすると、

新たな記事を投稿するたびに更新する必要があるので、

管理が行き届かなくなります。

これを使うことで、設定さえしておけば、

継続的に更新されるようになります。

Breadcrumb NavXT

WordPressの投稿と固定ページに

パンくずリストを表示できます。

Webサイトの現在表示しているページが

どのような階層から開いているのかを表示してあるものです。

最初から組み込まれている場合は必要ないので、

使われているテーマを確認してみてください。

TinyMCE Advanced

WordPressのビジュアルエディタを

拡張することができます。

様々な種類のボタンや機能が用意されており、

エディタに追加したい機能を自分で選んで拡張できます。

文字の装飾や色、リンクを貼り付けるなど、

記事全体のカスタマイズには欠かすことができません。

画面は日本語化されているので、問題なく利用できます。

PS Disable Auto Formatting

WordPressのHTMLタグの自動除去を停止させます。

ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTML)を

切り替えると、BRやPタグが自動除去されてしまい、

実際の改行や段落のようにならなくなる場合があります。

WordPressは初期設定のままだと

ビジュアルエディタとテキストエディタを

切り替えた際に、ソースコードを軽量化しようとするので、

必要なHTMLタグまでも自動除去してしまいます。

しかし、HTMLのタグミスは自動除去されます。

Image Widget

ウィジェットを利用して、サイドバーやフッターに

一枚の画像を表示させることができます。

画像を表示するだけの機能ですが、

画像にリンクや説明文を設定することもできます。

管理人の紹介画像を表示するのに

使われることが多いです。

BackWPup – WordPress Backup Plugin

WordPressのWebサイトを

丸ごとバックアップすることができます。

データベースとファイルのバックアップができます。

バックアップの保存先は、別途契約した

レンタルサーバなどに対応しています。

WP-Optimize

WordPressのデータベースを

自動でクリーンアップして最適化してくれます。

余分なデータをクリーンアップし、

DB容量を減らすことができます。

WordPressのデータベースは、何もせずに使い続けると

余分なデータが増えてしまいます。

Webサイトが重くなる原因になることもあるので、

予防の為にも定期的にデータベースを最適化しましょう。

一度設定さえすれば、後は継続的に実行されるようになります。

Broken Link Checker

自分のWebサイト内のリンク切れを

自動的にチェックして、発見した場合に

ダッシュボードで教えてくれます。

初期設定のままでも利用できます。

Search Meter

WordPressの検索ボックスで、サイト訪問者が

何のキーワードで検索しているかを

記録・閲覧することができます。

サイト訪問者が必要としている

情報を知ることができるので、

WEBサイトの改善に役立つはずです。

Redirection

301リダイレクトを管理します。

任意のURLに自動転送したい場合や

記事URLを変更した場合に、

新しいURLに転送する処理を

自動で行なってくれるので、

リンク切れを防いでくれます。

Head Cleaner

HTMLのHEAD要素のHTMLソースを

最適化して、HEAD要素の軽量化によって

ページ表示を高速化できます。

上手く活用されればページ表示を高速化できますが、

他のプラグインが生成した

JavaScriptとCSSコードに変更を加えるので、

正常に動作しなくなる場合もあります。

その場合は、プラグインの設定でフィルタの対象外に指定しましょう。

Acunetix WP Security

脆弱性をスキャンし、それに対する

セキュリティ対策ができます。

WordPressを初期設定のまま利用していると

危険に晒されたままの状態になります。

Limit Login Attempts

WordPressのログイン試行回数を

制限することができます。

ログイン認証に複数回失敗すると、

ログイン画面を一定時間ロックし、

管理画面への不正ログインを防ぐ効果があります。

ログイン試行回数やログイン画面のロック時間は、

プラグインの管理画面で自由に設定できます。

パスワード総当り攻撃(ブルートフォースアタック)による

不正アクセスを防止できます。

もし、ログイン画面に対するセキュリティ対策が

ない場合は活用しましょう。

Crazy Bone

WordPress管理画面のログイン履歴を記録して

閲覧することができます。

ログインに成功と失敗の履歴が記録されます。

もし、外部の誰かがWebサイトを

乗っ取ろうとしている場合、

履歴にエラーが残るので、

悪意のあるユーザーを発見しやすくなります。

さらに、別の接続元IPアドレスから接続があった場合、

ダッシュボードに警告が表示される仕組みになっています。

Webサイトは気がついていないだけで、

毎日のように誰かがログインしようとして、

ログインエラーが発生しているかもしれません。

どのくらいログインエラーが発生しているか

把握しておくことも大切です。

ということで、ざっと列挙してみました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

シェアする

フォローする