アメマス釣行 十勝川本流

昨日に続いて、どうしても気になる

十勝川本流に行ってきました。

今日こそ本当の小春日和!

風はまるっきりなく、川岸の薄氷も

音を立てながら溶けて流れ、

ウェーディングしている僕の膝裏を

膝カックンのようにぶつけながら

流れに乗っていました(笑)

シーンとしている中で集中していると

結構ビックリするものです。

薄氷ならまだいいですが、

ある程度の塊が解けるような季節は

気をつけて釣りをしましょう。

さて、釣果のほうですが、

やっぱりアメマスさんはいないようです。

dsc_7455 dsc_7456 dsc_7462 dsc_7463

釣れてくるのは、堆積された土砂に埋もれる

枝ばかり・・・

少しずつ水量は減っているはずなのに、

川幅が全然小さくなりません。

流れの筋がなくなり、全体的に浅い証拠でしょうね。

dsc_7457 dsc_7458 dsc_7465

多分川底もこんな状態だと推測できます。

dsc_7466

写真を見てもらえるとわかると思いますが、

青や黄色のゴミがこの高さです。

左上にもさらなるゴミ!

どれだけの水かさだったのかが

おわかりいただけると思います。

上は新得清水芽室、南側の札内川、

北の音更川や然別川、利別川によって

護岸が削られた土砂、

長年にわたって畑を作ってきた農家さんの

大切な土など、全てが堆積してしまっているのでしょう。

しばらく釣りにならないのでしょうか・・・

dsc_7470 dsc_7471

十勝川の本流アメマスはまだ先になりそうです。

帰り際に釣友家族に会って、いろいろ話を聞きましたが、

まだ十勝川の河口海岸ではアキアジがブッコミで

釣れているだとか・・・

今朝も一本釣れたという話を聞いたようでした。

河口規制は12月10日だったような・・・

まぁ、釣友が釣りをしていたのではなく、

家族でドライブに行った際に

近くのおじさんから聞いた話なので!

来週は結氷しなければ

浦幌十勝川かな?

と言いつつ、また本流に足を運んでいるかもしれません。

ではでは!

シェアする

フォローする