釣行記

十勝川 今シーズン最初のアメマス釣行!

前日から天候が心配されましたが、

朝の段階では問題なし。

 

まずは茂岩橋付近を見てから

堤防沿いに所々見ながら

大津の河口まで転々と見て回りました。

とりあえず、釣り人が全然いない(笑)

 

ということは

まだ釣れてないってことでしょうか・・・

 

 

Uターンして、最初に旅来周辺。

 

台風被害の影響?で、立ち込めるような

ポイントがなく、水門のところでとりあえず。

 

全体的に遠浅になってしまっている様子なので

さらに上に移動して安骨周辺。

 

途中で釣り人の車を2台ほど見ましたが

諦めて帰ってきてる人もいました。

 

この辺は岸があって、キャスト出来る場所を

確保することはできたのですが、

砂と泥が堆積していて、

ちょっと踏み込んだだけで

足を取られてしまう状態。

さすがに命をかけてまで無理なので、

遠投しながらなんとかなるかと思いきや、

やっぱりここも遠浅の状態。

 

ここは立っていても大丈夫だと思うところも、

2、3投しているうちに、

シューズが沈んでいくような状態なので

足元を気にしながら釣りをしないと

本当に危険でしたので、釣行される方は

気をつけてください!

 

その後、後輩と合流することになり

とりあえず茂岩橋周辺で待ち合わせをすることに。

 

 

さて、移動を開始!

 

 

んっ?

 

滑ってる?

 

 

動いてない?

 

 

 

やばい!

 

 

 

 

やってしまいました。

 

こんな所で立ち往生です(汗)

 

 

朝の冷え込みで固まっていた土手でしたが、

気温の上昇と共に緩んでしまったようです。

 

また、台風被害の影響で、

草むらだと思っている部分は、

かなりの土が堆積しているようで、

まるっきりタイヤが噛んでくれません。

 

 

かろうじて前後に動く状態だったので、

近くの木々を集めて下に入れたりしながら、

1時間かけて、ようやく脱出。

 

この時点で汗だくの泥だらけ・・・

 

 

一人だったらもう帰宅というテンションでしたが、

後輩と合流。

 

ランクルに乗っている後輩は

 

「待っててくれれば引っ張ったのに〜」

 

 

四駆乗りの優越発言です(笑)

 

 

 

 

もっと上に移動することになり、

行ったことのない

利別川との合流地点を目指しました。

 

 

どこから入るのかよくわからず、

合流の上の方から入ってみると

遠くに人影が4人か5人。

 

 

自分たちが入った場所は

川幅も広く、下流と同じように

遠浅の状態。

 

流れの筋まで近づきたくても、

足元が恐くて行けません。

 

 

そして猿別川の合流地点に移動。

完全に冬景色です!

 

 

 

まだこの時期なので、

サケがなんども対岸で跳ねていました。

 

しかし、アメマスの気配はなし!

 

 

降りしきる雪の中、

手の冷たさも限界がきたので、

この時点で納竿。

 

 

今日もいちにち

魚に出会うことはできず・・・

 

 

なんか最近の釣りは楽しめてない気が。

 

 

ポイント開拓にもっと精を出せ!

 

とのお告げを胸に、

また週末も頑張ります!

 

ではでは!

 

 

 

関連記事

  1. 釣行記

    2015 4 11 釧路 音別 十勝川河口 士幌川

    前日に飲みすぎたこともあって7時に起床。釧路で釣友と落ち合って様子…

  2. 釣行記

    カラフトマス 知床フンベ 2015 9 4

    金曜日ではありますが休暇を頂いて知床へ。片道260キロの道のり…

  3. 釣行記

    南十勝サクラマス釣行 6/15

    午後から用事があるため、本日は休暇を取得。…

  4. 釣行記

    南十勝 サクラマス・サケ・カラフトマス なんか釣れないかな〜

    早朝から南十勝でなんとなくの釣り。なんか釣…

  5. 釣行記

    カラフトマス釣行 ウトロ9/1

    毎年ように夏から秋を感じるカラフトマス釣行。…

  6. 釣行記

    十勝川河口 アメマス釣行 4/25

    GWまで我慢できず、休暇をいただいて十勝川河口。 …

最近の記事

  1. 日常

    ここ最近の南十勝サクラマス
  2. 釣行記

    2016 2 13(土)十勝川 レイボートラウト会えません・・・
  3. 釣行記

    南十勝サクラマス釣行 7/15
  4. 釣行記

    2015 3 21 近所の十勝川へトレーニング
  5. タックル

    ミノーのフック 重量バランス
PAGE TOP