天国針!スイミングフックの制作!②

前回のフック制作の続きです。

かなり大雑把なO型ということで
ご了承ください!

まずはタイイングバイス。

IMG_1459

こいつの左側にあるレバーを下げて
フックを固定。

IMG_1461

今回は、丸セイゴ18号です。

これに右側からスレッドで下巻をしていきます。

いつも使っているのは、6/0 200yds。

IMG_1462

IMG_1464

左側に伸びている下巻の余分な糸をカット。

IMG_1465

そして、フックのアイになる部分に
バッキングラインの30ポンドを使って
輪を作ります。

この時に多少余裕を持たせて
後から調整できるようにして
数回巻いて仮止めしておきます。

IMG_1467

IMG_1474

それから輪を調整して
余分なところをカットします。

IMG_1475

後は均等に巻いてこんな感じ。

IMG_1476

で、最後なんですが、
1人でやっていると撮影者も自分なので
ちょっと説明が・・・

左手の人差し指とボビンホルダーで作った
輪の中に、バッキングラインで作った
アイとフックを入れる。

IMG_1477

IMG_1478

どうでしょう・・・

伝わるかなぁ(汗)

百聞は一見に如かず!

まさしくその通りで、
釣りも実践を通して見させていただくのが
一番の勉強ですね!

話が逸れましたが、これを2、3回繰り返して
あとは余分な糸をカットして終了です。

IMG_1479

ほつれやスッポ抜けを防止するために、
スレッド部分には熱収縮チューブか
ヘッドセメントなどで固定します。

僕は百円ショップの使い切り
接着剤を使用していますが、
綺麗さを求めるなら断然専用の
ヘッドセメントを使用するべきでしょうね。

いやー、我ながら
こういう部分に神経使える人に
ならないとダメですね(笑)

それでは!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

シェアする

フォローする