大月釣具さんで買い物!

今回もナイロンラインを購入しました。

もちろん、モーリスさんのバリバス!
スーパートラウトアドバンスの8ポンド、1.5号。

直径は0.205mm。100m巻です。

説明にもある通りで、同強度でワンランク細いラインに
なっています。

本流で使うには流れの速さや強さ、春特有の風などを
考えると、これくらいがベストなのかな?

なんて考えて決めました。

IMG_1386

IMG_1387

ナイロンラインの知識があまりにも乏しくて・・・

PEばかりを使ってきた僕にとっては、やっぱり
感度という部分において、かなり鈍いです。

当然、ストラクチャーの読みも甘く、ルアーから
伝わる感覚がまだまだ掴めません。

そんなこともあって、前回の釣行では
大切なルアーを4つもロスト・・・

多分、初めて行った島牧で、太平洋側とは違う
ストラクチャーの攻め方がよく分からず
ロストした時以来です。

まぁ、何事も経験!

ということで、ナイロンラインについて
もっともっと学習を積んでいこうと思います。

最近では、デュエルさんから出ている
アーマードF+のように、PEラインにも
比重を求めたラインが出てきたなとも
思いますし、フロロカーボンに関しても
伸びやネズレの耐久性などよりも
比重という部分に焦点を当てた選択も
必要なのでは?

なんて勝手にいろいろ考えています。

パートナーズの佐藤忠雄さんが
書かれている本があるのですが、
それを読んでいると、自分はなんて
浅はかな釣りをしているんだろうと
考えさせられた次第です。

フィールドハンターの小林さんとの
釣行でも、大いに刺激をいただきました。

小林さんのこだわりは、ナイロンライン。

しかも、スイベルなどは一切使わず
直結です。

ウトロの釣行でも周囲が唖然とするくらい
ヒットの連発です。

あれだけスレたカラフトマスに口を使わせる
スプーンテクニック!

また、そこに隠されたヒントにナイロンラインが
あると思っています。

先入観でPEラインが主流の今ですが、
ナイロンラインでしか出せない
メリットもありますし、非常に奥の深い
部分だなと、最近になって感じております。

先入観は悪!

私生活においても、これが最大の敵でしょうか(笑)

勉強し直します!

ではでは!

ブログなどの更新情報をLINEにお届け!

QRコードの読み取り、または

友達追加ボタンをクリック!

お気軽にどうぞ〜!


友だち追加

シェアする

フォローする