リールのスプール糸巻き量 計算的にはこうなる?

リールのスプールによって糸巻き量の違いがありますが
自分が巻きたいラインによってどの位巻けるものなのか
結構考える人も多いのではないでしょうか?

自分もそうなのですが、150mのラインを巻くときに
どのくらい下巻きを入れるかなど、結構悩ましいことが
あります。

そこでメインに使っているセルテートの3012Hにおいて
おおまかではありますが、計算式を考えてみました。

日本釣用品工業会(JAFS)で定められている基準から
考えてみようと思います。

ナイロン・フロロカーボン(号数・直径)

1号    0.165mm
1.2号  0.185mm
1.5号  0.205mm
1.75号 0.220mm
2号    0.235mm

そしてPEラインなのですが、JAFSではデニールという
単位を使っているため太さというより重さで規格が
決まっています。

コーティングや顔料を含むトータルデニールで
1号が200d(デニール)=200g
2号が400d

というように定められています。

ということで、太さがよくわからないので
よつあみさんのHPから抜粋した数値を基準にしたいと思います。

PE(号数・直径)

1号   0.1711mm
1.2号 0.191mm
1.5号 0.209mm
2号   0.242mm
2.5号 0.270mm
3号   0.296mm
4号   0.342mm

ということで
セルテートの3012Hのスプールに表記されている糸巻き量。

ナイロン
12ポンド(0.28mm) 150m
16ポンド(0.33mm) 100m

PE
1.5号 200m

ラインの強さを基準にしては計算できないので
直径から考えてみます。

計算方法は
ラインの断面積 × 長さ = スプールの容積

あまりにも単純な考えでしょうか・・・

まぁとりあえず計算してみます。
(半径 × 半径 × 3.14 × 長さ)

12ポンド(0.28mm)の表記
0.14 × 0.14 × 3.14 × 150
= 9.2316

16ポンド(0.33mm)表記
0.165 × 0.165 × 3.14 × 100
= 8.54865

PE1.5号(直径0.209mm)
0.1045 × 0.1045 × 3.14 × 200
= 6.857917

ん〜、バラツキが半端ない・・・

ポンド数を基準にして1.5号のPEを巻くとなると
12ポンド(0.28mm)表記
9.2316 ÷ (0.1045 × 0.1045 × 3.14)
= 269.2 m

16ポンド(0.33mm)表記なら
8.54865 ÷ (0.1045 × 0.1045 × 3.14)
= 249.3 m

12ポンドの表記だと約270m巻けて

16ポンド表記だと約250m巻けるという計算になります。

このように考えるとちょっと計算が合いません。

ナイロンやフロロカーボンを元に計算する場合と
PEは分けて考えなければならないってこと?だと思います。

PEに対してナイロンやフロロカーボンは張りがある分
かさばって巻かさることと
ダイワのリールにはライントラブルを軽減させるために
クロスラップという巻き取り方なのでラインが太くなるほど
かさばるように巻いていくために糸巻き量は計算より
巻けなくなると考えるのが妥当なところだと思われます。

余裕を持った計算をすると
ナイロン2号(0.235mm)を巻くには
12ポンド(0.28mm)を基準として

9.2316 ÷ (0.1175 × 0.1175 × 3.14)
= 212.9 m

となるので200mは余裕をもって巻けるということになります。

PE1号(0.1711mm)を巻く場合。
PE1.5号(0.209mm)を基準にして

6.857917 ÷ (0.08555 × 0.0855 × 3.14)
= 298.4 m

となるので300m位は巻けるという計算になります。

単純な計算なので結果通りに上手くはいかないと思いますが・・・

何も考えずに下巻を入れるよりは
ちょっとした参考になればと思います(^_^;)

それでは!

シェアする

フォローする