モアザンブランジーノ (morethan BRANZINO) AGS 97LML インプレ

モアザンブランジーノが発売されてから欲しいロッドではありましたが

そこまで高いロッドには手を出す勇気もなく購入をためらっていたところ

AGSシリーズが発売。

完全な一目惚れで97LMLを即購入。

その後も

少し硬めの97ML。

カラフトマス用に87LML。

日本海サクラマス用に115MH。

サブロッドにモアザンAGS109MML。

と買い足していきましたが、今は釣友に買ってもらったりして

97LMLと87LMLの2本のみ所有。

行き着くところは軽量ルアー軽量タックルで繊細な釣りをすること。

軽いので体への負担も少なくキャスト数も増えるし集中力も持続します。

ということで愛竿の97LMLのインプレでも今更ですがしてみます。

まずはメーカーの商品紹介。

「妥協を知らない。

真のランカーシーバス求道者に捧ぐ。

ダイワが独自に開発したAGS(エアガイドシステム)搭載の

遠投性能に優れた軽量ロッド。

従来のガイドシステムと比較して大幅な軽量化を実現し、

さらなるロングキャストとアキュラシー向上に成功した。

そのブランクは9フィート7インチと思えない軽さとシャープさを実現し、

類稀な操作性を有する。

ティップ部はLのしなやかさを持ちながら、バット部はMLのパワーを兼ね備え、

大型シーバスにも余裕を持って対峙。

河口や足場の高い堤防からサーフまでもカバー。

8cm程度のミノーから14cmクラスのミノー、バイブレーションまで幅広く対応。」

というコンセプトで作られているロッドです。

スペックは

標準全長   9’7”(ft.) (2.92m)

継数     2(本)

仕舞     150(cm)

標準自重   125(g)

先径     1.5(mm)

元径     11.9(mm)

ルアー重量  5〜28(g)

ライン    6〜16(lb.)

カーボン含有率99(%)

となっています。

まずは何と言っても軽さです。

振り抜けが良いので他のロッドと比較してワンランク上のレングスと

同じくらいの飛距離が出ます。(ルアー重量にもよりますが)

AGSガイドの恩恵はキャスト時のティップのブレが早くに収束すること。

そのお陰でラインがスムーズに放出されること。

そしてキャスト時のティップスピードが上がるので軽量ルアーでも

遠くへ飛ばすことが可能。(キャストの方法にもよります)

そして8ft感覚で細く感度も良く繊細な釣りが楽しめます。

また、ただ軽いだけではなく初代ブランジーノシリーズの中に

フルムーンカスタムという名の仕様があったように

綺麗な弧を描いて曲げて獲るというようなロッドになっている感じです。

バットは強く作られているため大物がかかっても安心だし、

ティップからベリーにかけてはしなりがあるため

大物でも暴れさせずにランディングすることができます。

(自分はサケ釣りにも使用してます)

ブランクスやガイドはガラスのような素材なので衝撃には弱いです。

石やコンクリートなどに倒れて当たるだけで破損の可能性があります。

不注意でロッドを折った経験がある人などは特に注意が必要かもしれません。

仲間でも4度ほど折ってしまったのを見聞きしています。

しかしその分曲がりには相当強いロッドと言えます。

個人的にはルアー重量が5g〜28gの仕様と成っているロッドですが

18gのジグやスプーンが一番気持ち良く振れるロッドだと思います。

28gのジグとなるとちょっとコツが必要かと・・・

キャストによっては折れそうな感じもあるので28g程度の重量を

フルキャストするには気を使います。

それでも前方に1mほどの垂らしを取ってルアーを後方に振りかぶり

ロッドにルアーの重量をしっかりと乗せてキャストできれば

気持ち良くルアーが飛んでいきます。

以上、あくまでも個人的な感想ですが125gという軽さによって

間違いなく多くの恩恵は受けられるロッドだと思います。

ダイワ(Daiwa) ロッド モアザンブランジーノ AGS 97LML

ついでに他のロッドについても軽く触れておきます。

97MLはルアー重量が35gまでとありますが、

97LMLのベリーを強化させたファストテーパー(先調子)であり、

その分97LMLよりは少し重いルアーを使えるという感じです。

87LMLはどちらかというと97MLを短くしたような感じでしょうか・・・

バットもベリーも結構強いと感じます。

というか97LML 97ML にはないX45が搭載されたからでしょうか。

そんな印象を受けます。

ダイワ(Daiwa) ロッド モアザン ブランジーノ AGS 87LML アーバンサイドカスタム

モアザンAGS109MMLはルアー重量50gとありますが個人的には

28gのジグを気持ち良くフルキャストできるといった印象です。

レギュラーテーパーなので全体でしなるという感じで

柔らかく感じると思います。

50gはキャストしたことはありません。

40gのジグなら経験ありますがこれくらいで限度ではないかという

印象です。

ダイワ(Daiwa) ロッド モアザン AGS 109MML

そして115MH。

さすがに長くなると自重が205gといえども重く感じてしまいます。

その分28gから40gまで気持ち良く振れちゃいます。

本当にカッ飛んでいくという表現が正しいと感じます。

先程のX45以外にもバット部分に3DXという仕様が加わり

本当にバット部分は強靭です。

しかしティップ側はしなやかな作りとなっているため

硬いロングロッドのようにショートバイトを弾かないような

設計になっていると感じます。

サケ釣りで使ったことがありますがラインが切れない限り

余裕を持って対峙できます。

スレ掛かりなどでは自分の腕が先に悲鳴あげますね(笑)

ロッドに重みを感じてキャストするというよりは

ロッドそのものが勝手にルアーを弾き飛ばしてくれるというくらい

曲げからの反発力はすごいと感じるはずです。

といった感じで自分なりの感想をまとめてみました。

一つ言えるのは、モアザンシリーズはルアーウエイトの上限は

本当の上限だということでしょうか。

他メーカーの表記よりは柔らかいと思います。

ジグで例えてみるなら

28gメインなら上限35g以上。

20gくらいがメインなら28g以上。

というように、余裕を持った選択をすることが

失敗のない買い物になると思います。

なんせ高価な買い物なので失敗するわけにはいきませんもんね。

自分の現在の釣りでは

ダイワ(Daiwa) ロッド モアザンブランジーノ AGS 97LML

ダイワ(Daiwa) ロッド モアザン ブランジーノ AGS 87LML アーバンサイドカスタム

この2本で十分です。

南十勝のような急深サーフは97シリーズで問題ありませんが

日本海や釧路管内の遠浅サーフでは少し物足りないかもしれません。

しかし、上限のルアーを使ってラインシステムなどを工夫することで

なんとか対応できるのではと思っております。

あくまでも個人的な感想ですので・・・

それでは!

ブログなどの更新情報をLINEにお届け!

QRコードの読み取り、または

友達追加ボタンをクリック!

お気軽にどうぞ〜!


友だち追加

シェアする

フォローする