オーナーばり フックの見分け方

各社から豊富にリリースされているフックですが、

用途によっての使い分けや釣り人の好みによって

選択は千差万別です。

今回はその中でも購入時点から装着されていたり、

地元の釣具店などで比較的取り扱いの多い

オーナーばりさんのフックの見分け方について

触れてみます。

といっても、品番の見分け方程度です・・・

まずはトレブルフック。

ST36BC

images-3

この品番が意味するものは

ST・・・・・・・・・スティンガートレブル(トレブルフック)

10桁部分の3・・・この数字が大きければ太軸で

逆に小さければ細軸。

1桁部分の6・・・・フック先端のポイント部分がストレート。

BC・・・・・・・・・ブラッククローム(黒いフック)

ということになります。

次に

S61

images

S・・・・・・・・・シングル

10桁の6・・・・・この数字が大きければ太軸で

逆に小さければ細軸。

1桁の1・・・・・・フック先端がネムリ(内側に向いている)になっている。

ということでまとめてみます。

最初のアルファベットが意味するもの

ST・・・スティンガートレブル

S・・・シングル

STBL・・・スティンガートレブルバーブレス

SBL・・・シングルバーブレス

(BLというのはフックに返しの付いていないもの)

images-2

管理釣り場などではシングルのバーブレスのみの使用など

レギュレーション(規制)になっているところがあります。

二桁数字の10桁台

1・・・EXファイン    細軸

2・・・ファイン

3・・・ミディアム

4・・・ミディアムヘビー

5・・・ヘビー

6・・・EXヘビー     太軸

二桁の1桁台

1・・・カーブ

6・・・ストレート

語尾のアルファベット

BC・・・ブラッククローム(黒)

TN・・・スズ(シルバー)

簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。

(S55とS75がミノー用の縦アイになっていると思います・・・多分)

そしてサイズ。

ほとんどが下記のような表記になっていると思いますが

♯やsizeなら数値が大きいほど小さく

小さいほど大きいというのが普通です。

♯3  小

♯2

♯1

1/0

2/0

3/0 大

♯の後の数字が大きい(♯3)ほど小さく

♯の後の数字が小さい(♯1)ほど大きく

1/0の方が大きくなり左側の数値が大きほどサイズが大きくなります。

(スプリットリングの場合は、♯000 ♯00 ♯0 ♯1 ♯2 ♯3

という順番で大きくなっていきますのでお間違いのないように)

imgres-2

サーフゲームのようにルアーの回収に砂地や砂利があるところでは

どうしてもフックの先端が丸まってしまいます。

ST31(トレブルの3番の軸でポイントがネムっているもの)であれば

ストレートのポイントよりは傷みにくいことがわかると思います。

でもここはアングラーの好き嫌いがわかれるところ・・・

掛かりでいうならストレートポイント。

掛けてからのホールド力ではネムリが入っている方。

といったようにそれぞれに一長一短があります。

これだけではなく、

シャンクの長さ(フックの軸の長さ)

ゲイプ幅(軸とフックポイントの距離)

ベントカーブ(フック下部の丸みの形状)

フックのサイズやひねりが入っているか・・・

そしてシングルフックに限られたことではありますが

ルアーとの接続部分にあたるアイの部分をどうするか・・・

ここなども大きく釣果に関わってきます。

素材によってのサビやすさや強度など色々な要素があり、

フックの選び方は釣り人それぞれの経験や釣り方で

自分に合ったものをどう選択していくか・・・

これも釣りの楽しさの一部だと思います。

それでは!