中流河川のニジマス用にRCSスプール 2506エアⅡ

汎用性の高いダイワの2500番リール。

ということでサーフではセルテート3012Hをメインに

ダイワ(Daiwa) リール 13 セルテート 3012H

サブリールはセルテートハイパーカスタム3012H。

ショートレングスのロッド用に2500番のサイズが

欲しかったので、ハイギヤ仕様でなにかと使える

セルテート2510PE-Hを購入していました。

ダイワ(Daiwa) リール 13 セルテート 2510PE-H

マグシールドが搭載されてから、簡単にはリールの

トラブルは発生しずらくなっているのは明らかなので

同じようなリールを買うよりは、予備スプールさえあれば

リールの使い方の幅が広がるだろうと思って購入しました。

選んだのはRCSスプール2506エアⅡのゴールド。

ダイワ(Daiwa) RCSエアスプール2 2506 ゴールド

13セルテートのデザインのために作られたようなものです。

商品説明としては

「バスフィッシングの定番2506。

イグニスTYPE-Rにも搭載されているライトライン対応ドラグ

『UTDフィネスチューン』を採用。

滑らかに滑り出し、魚の引きに追従しながら効き続けるその性能は、

山上湖で主流となりつつある超極細フロロを使ったやり取りに

真価を発揮。

更にスプールスカート部も徹底的に肉抜きされ、大幅に軽量化。

外観に加え、機能も向上するカスタムスプールといえる。」

ということで、ライトライン対応のドラグ性能を持つ仕様です。

PE1号    100m

ナイロン6lb  100m

詳しいスペックの比較はこちらです

リールのスペック表を見てみると

2510PE-Hと2506Hは、スプールが違うだけで

本機は一緒だと思われます。

そう考えると、スプールの追加だけで2台のセルテートを

所有しているのと同じことが言えるのでは?

なんて思った次第です。

ギヤ比の異なるリールとスプールの組み合わせによって

用途に応じたセッティングが可能になってお得なんだと

改めて感じました。

準備だけは着々と進んでます(笑)

それでは!