トラウトルアーの天国針(スイミングフック)

最近主流となっているフックのアイの部分が柔らかい

ラインでできているシングルフックは誰もが知っているし、

使用している人も多いのではないでしょうか。

実はこのフックが世の中に出回るようになったのは

平成4年に発行された

「渓流のルアーハイテク講座」

という雑誌によって、パートナーズ佐藤忠雄さんが

「天国針」

と命名されて紹介されたのが始まりです。

ten

自分も海サクラマスとカラフトマスでは積極的に

使用しています。

海サクラマスには保険的な要素も含めて、ジグとスプーンに

シングル2本を使用しています。

カラフトマスでは基本的にシングル1本。

大きな群れに当たるとスレがかりが頻発してしまい

魚にも周囲にも迷惑がかかってしまうので

混雑するポイントではそうしています。

首振りを繰り返すサクラマスや走り回るカラフトマス

に関しては、金属でできたアイのフックよりも

断然天国針の方がランディング率が上がります。

バイトの瞬間にルアーの泳ぎに影響されずに

フッキングが決まることや、首を振られた時に

ルアーの重みを利用して外されることが少ないのでは

ないかとも考えられます。

いずれにしても、どんな対象魚であれ確率よく

フッキングできなければ釣り上げることはできません。

そこでさらに、追求していくとネムリの入らない

ストレートポイントのフックの方がフッキングにおいては

有効だということ。

ホールド重視であればネムリの入ったタイプは優秀だと

思うのですが、フッキングが決まってのホールド力と

考えると、やはりフッキング重視となるわけです。

だとすると、丸セイゴや海津などのポイントがストレートの

フックを天国針として使用するのが最もヒット率が

上がることになり、それだけ獲物を手中に収めることが

増えるのではないでしょうか。

自分自身もスレたカラフトマスでのショートバイトには

絶大なる信頼を得ているシステムなので、オススメです!

それでは!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

シェアする

フォローする