ラインについて①号数

ラインの持つ機能や性能について、もっと詳しく

知っておくことが少しでも釣果に結びつくのでは

ないだろうか?

周りが使っているからこれを使うのが普通なんだと

思ってしまうことがありますが、そんな先入観や

固定観念は捨てて、自分の釣り方のスタイルによって

考えた結果、使い分ける必要があるのではないか?

といったことを考えさせられたのがきっかけで

それらの疑問を解消したくてちょっと調べて

みました。

個人的にはサーフゲームにおいてPEラインを

メインラインとして、ナイロンやフロロの

ショックリーダーを使用するシステムを

採用してます。

そしてリバーではナイロンばかり。

なぜか?

そういうもんだと思っていたから!

というのがほぼ間違いない回答です(笑)

でも、スプーンをメインにあらゆるフィールドで

結果を出し続けるフィールドハンターの小林さんは

常にナイロンライン。

しかもスイベルを使わない直結です。

そして、秋田県のサクラマスから北海道のサーモン

まで8ポンドで釣り上げるというテクニック。

ライン強度の限界を長年の経験から把握している

からこそできる技だなと思います。

ナイロンラインへのこだわりがわかります。

そしてデュエルさんからリリースされている

アーマードF+というPEとフロロによって

比重1に設定されているラインがもたらす効果を

モニターをされている布谷さんからのお話を聞いて、

勉強が必要だなと思わされました。

ということで、どのようにラインを選ぶべきか?

ということですが、誰もが最初に気にするところは

太さと強力だと思います。

アングラー同士の会話にもあるように

「何号?」

「何ポンド?」

これがラインに関してのやり取りでは

ないでしょうか?

しかしこれは、太さを号数、強力をポンドと

表記されていても、実際は単なる目安であって

意外といい加減な表示のようです。

技術の進歩により、以前よりはムラがなくなった

とはいえ、均一の太さに製造されているわけでは

ないようです。

場所によっては微妙に太さが違っているので

パッケージなどに表記されている太さは

平均の太さだと言うこと。

1号の直径が0.165mm

だとして、その前後が

0.8号0.148mm

1.2号0.185mm

だとすると

1号は0.148mmから0.184mm

までの許容があるということなので

1号といえども0.8号に近い部分が

存在してもおかしくないと言えるのでは

ないでしょうか?

ラインもアタリやハズレがあるのかなと

思ってしまうところです。

長くなりそうなので次回は強力と強度について

触れたいと思います。

それでは!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

シェアする

フォローする