本波さんのザ・フィッシング 3日間連続視聴!

写真はホンナミさんが出したスプーン

『マレク』

録画していた本波さん出演のザ・フィッシング!

サクラマスに対する情熱が半端ない人だということが

本当に良くわかりました。

太平洋サケ属(オンコリンカス)をはじめ

イワナ属、イトウ属など

日本に存在するネイティヴトラウトに対する思いが

深く伝わる内容となっています。

冒頭には

「宝石をゲットしに行かなくてはならない」

この言葉から本波さんの

釣りに対するワクワク感を深く感じます。

途中スタッフの方から

「魚の気配ないですね?」

との答えも

「だから宝探しさ!」

格好良すぎだーって1人で興奮してしまいました(笑)

海からの贈り物だから、いなければこの区間は

空っぽってことも言ってました。

産卵のために遡上するサクラマスなので

確かに河川のポイントにずっと着いている

魚ではありません。

北海道では河川でのサクラマス釣りはできないため

本当に厳しい釣りであることがわかります。

そう考えると北海道の海サクラマスが

難しい釣りだとはいえ、遊漁料が必要なわけではなく、

しかもタイミングさえ合えば

それなりに釣れてしまう魚です。

手にした時のなんとも言えない優越感もそうですが

あの精悍な顔つきといい、鱗がボロボロ剥がれる

個体なんかは、そういった意味で宝石であり

それがアングラーを虜にするサクラマスという

存在なのでしょう。

毎年のことですが、一尾釣るまでは苦労します。

気が早く開始する時期が早いというのもあります。

しかし、それがあるからこそ嬉しさを通り越して

感動すらさせてもらえるサクラマスという魚です。

稚魚から育ち、外敵と過酷な環境から生き延びて

海へ下り、一年かけて成長してまた川へ戻って来る。

サケやカラフトマス、その他の魚もそうですが、

この月日を生き延びることってすごい奇跡だなと思います。

釣りを楽しませてもらえてることに感謝です。

今後もこの気持ちを忘れずにフィールドに立ち

多くの魚との出会いを期待したいと思います。

それでは!